ボランティアとは

ボランティアとは

「まちを住みよくするために、できることで役に立ちたい」という気持ちをもつボランティア・市民活動などが広がっています。

宮城支部は、ボランティアに係る事業を通じて、たくさんの方に参加を呼びかけ、市民の ボランティア活動が盛んになるよう、活動を支援しています。

「ボランティア」の意味

ボランティア(Volunteer)の語源は、ウオロ(volo「意志する」)というラテン語です。この言葉から派生するウォルンタス(Voluntas「自由意志」)に人名称erを付けて出来上がった言葉が「ボランティア」。つまり「自らの意志で、すすんで社会的な問題解決に取り組む人」という意味です。

 

「ボランティア活動」って、どんな活動?

ボランティア活動は、決して難しいことではありません。

どなたでも参加できる活動です。

 

ボランティアってどんなこと?

  1. 自主性・自発性 〜自分から進んで行動するもの〜
    人からおしつけられて行うのではなく、だれかの、何かの役に立ちたいという自然な気持ちから始める活動です。
  2. 社会性・連帯性 〜「みんなのため」が合言葉〜
    「自分だけよければいい」という考えではなく、みんなで助け合いながら住みやすい世の中にしていくための活動です。
  3. 無償性・無給性 〜見返りを期待しない〜
    「人からよく思われたい」「お金や物がもらえるかも」と期待してする活動ではなく、出会いや喜び、感動など、お金では買えない大切なものを手にすることができる活動です。
  4. 継続性 〜継続は力なり〜
    始めたらできるだけ続けてみましょう。続けていくうちに新しい学びや楽しさを見つけることができる活動です。
  5. 創造性・開拓性 〜暮らしの仕組みを作り出そう〜
    いま、世の中にはどんなことで困っている人たちがいるのかを考えながら、その人たちの役に立つためにはどのようにしたらよいか、みんなで知恵を出し合い、工夫していく活動です。

活動の場

ボランティア活動は、難しいことではありません。どなたでも参加できる活動です。活動は多種多様です。

  • 家庭で…
    • 募金活動や物品の寄付
    • 使用済み切手や書き損じハガキの収集
    • リサイクル活動
    • 「エコマーク」商品の使用など
  • 地域で…
    • 地区社会福祉協議会のサロン活動への参加や町内会活動への参加
    • 公園やビーチの清掃など
  • 学校で…
    • 学校行事への参加 
    • PTA運営協力など
  • 施設では
    • 施設で生活している方々との話し相手、行事のお手伝い、清掃や環境整備
    • 趣味
    • サークル活動の指導など

ボランティア活動のルール10

ボランティア活動のルール

  • 自分の身の回りのことから始めましょう
  • 細く長く無理をしないようにしましょう
  • 相手の立場になって接しましょう
  • 約束・秘密は必ずまもりましょう
  • 謙虚(自分の考えを押し付けない)になりましょう
  • まわりの理解と協力を得ましょう
  • 活動を振り返り、学びを大切にしましょう
  • 活動にけじめをつけましょう
  • 安全対策に注意しましょう
  • スタッフの指示にしたがいましょう

▲このページのトップへ