各種制度のご案内

生活福祉金

生活福祉金

低所得者、障害者世帯及び高齢者世帯に対し、低利子(年1.5%。但し、不動産担保型生活資金は除く。)または無利子で資金の貸付と必要な援助及び指導を行うことで、経済的立ち直りと生活の安定向上を目的とする制度です。

資金名 1. 総合支援資金……(1)生活支援資金 (2)住居入居費 (3)一時生活再建費
2. 福祉資金   ……(1)福祉費 (2)緊急小口資金
3. 教育支援資金……(1)教育支援費 (2)就学支度費
4. 不動産担保型生活資金
貸付条件

・資金によって
異なります

●貸付対象

・低所得者世帯(世帯の収入が一定基準以下の方、概ね市町村民税非課税程度の世帯)
・障害者世帯(障害者手帳等の交付を受けている方がいる世帯)
・高齢者世帯(65歳以上の方がいる世帯)
※ただし、福祉資金においては、「日常生活上療養または介護を要する高齢者」が同居している世帯
●他の公的貸付制度を受けることが可能な場合には、他制度を優先活用いただくことになります。

詳しくは、下記をご参照ください。

 

宮城県社会福祉協議会「生活福祉資金貸付制度」
http://www.miyagi-sfk.net/system/loan/node_912

 

▲このページのトップへ

社会福祉資金貸付

低所得世帯に対し、災害・疾病・出産・その他緊急不時の出費に必要な資金を貸付けます。

貸付条件 本市に 6 ヶ月以上居住しており、資金の融資を他から受けることが困難で償還が可能であること
貸付限度額 15 万円以内
償還 貸付日の翌月から 30 ヶ月以内
無利子

▲このページのトップへ

入学準備金貸付

入学準備金貸付

低所得で児童・生徒を養育し、入学準備金に困っている世帯に対し、新入学準備費用を貸付けます。

貸付条件 本市に 6 ヶ月以上居住しており、現に児童及び生徒を養育し、資金の融資を他から受けることが困難で償還 が可能であること
(小・中学校は、生活保護を受けている方を除く)
貸付限度額 一世帯 250,000 円以内
(公立高校: 100,000 円、私立高校: 150,000 円以内、小・中学校: 50,000 円)
償還 貸付日の 2 ヶ月据置後 20 ヶ月以内
(私立高校で 150,000 円貸付の場合は 30 ヶ月以内)
無利子

※申請時期は市政だよりでご案内します。

▲このページのトップへ

 

臨時特例つなぎ資金

臨時特例つなぎ資金

離職者を支援するための公的給付制又は公的貸付制度を申請し、受理されている住居のない離職者に対して交付を受けるまでの当面の生活費を無利子で貸付けします。

 

貸付条件 ・住居のない離職者であって、離職者を支援する公的資金又は公的貸付制度の申請を受理されている方
・本人名義の金融機関の口座を有している方
貸付限度額 100,000円以内

詳しくは、下記をご参照ください。

 

宮城県社会福祉協議会「生活福祉資金貸付制度」
http://www.miyagi-sfk.net/system/loan/node_912

 

▲このページのトップへ